ヴィジョン

ヨシノ自動車の目的と未来

ヨシノ自動車の目的と未来

 ヨシノ自動車の強みはソフトです。 例えばいくつかの野菜があって、それを炒め方だったりゆで方だったり味付けを工夫するだけで「こんなに美味しい料理」になる、というコンサルタントとしてのお手伝い。ヨシノ自動車がビジネスで付加価値をつけるのは、そんなソフトの部分だと考えています。

 事実、ヨシノ自動車はトラックに関する多様な事業を複合的にやっています。だからこそ「ヨシノは何でもやってるから話してみよう」と、まず相談してくれるお客様がとても多いのです。 例えばある土建屋さんはトラック数台を所有していて、弊社は購入のサポートからメンテナンス、車検整備までお手伝いさせていただいているとします。土木工事ですから、年度末の繁忙期になるとトラックが足りなくなります。

 そこでお客様の状況に応じてトラックをレンタルでご用意したり、購入が将来的に見てお客様の得になると考えれば、新車も中古車も含めて数多くの選択肢の中から「その一台」を見つけ出してご提案することもできます。 それにともなう車両や荷物などの保険も各種取り扱っています。物流輸送であれば、グループの運送部門から傭車を出してサポートさせていただくことも可能です。

 そのようにご相談を受ければ、ヨシノ自動車一社で解決できる手段をいくつも持っています。その相談に応える、プロフェッショナルなコンサルティングこそがヨシノ自動車の強みなのだと考えています。 そしてその精度を磨き続け、お客様のコストや手間、そして時間といった負担を軽減していくお役にたちたい。

 我々はトラックを作るメーカーではなく、あくまでも使う側に立ったソリューション事業の立場です。今後、仮にトラックが燃料電池車や電気自動車になったとしても、トラックというカテゴリーはなくならないはずです。 社長である私自身の根底には、「この仕事をずっと続けられる仕事にしたい」という想いがあります。やるからには、出来るだけ長く続いていく業界にしていきたい。だからこそ競争するのではなく共に生き、生かされながら皆さまと共走していくヨシノ自動車でありたいと考えています。

 ヨシノ自動車の強みはソフトです。 例えばいくつかの野菜があって、それを炒め方だったりゆで方だったり味付けを工夫するだけで「こんなに美味しい料理」になる、というコンサルタントとしてのお手伝い。ヨシノ自動車がビジネスで付加価値をつけるのは、そんなソフトの部分だと考えています。

続きを読む

 事実、ヨシノ自動車はトラックに関する多様な事業を複合的にやっています。だからこそ「ヨシノは何でもやってるから話してみよう」と、まず相談してくれるお客様がとても多いのです。 例えばある土建屋さんはトラック数台を所有していて、弊社は購入のサポートからメンテナンス、車検整備までお手伝いさせていただいているとします。土木工事ですから、年度末の繁忙期になるとトラックが足りなくなります。

 そこでお客様の状況に応じてトラックをレンタルでご用意したり、購入が将来的に見てお客様の得になると考えれば、新車も中古車も含めて数多くの選択肢の中から「その一台」を見つけ出してご提案することもできます。 それにともなう車両や荷物などの保険も各種取り扱っています。物流輸送であれば、グループの運送部門から傭車を出してサポートさせていただくことも可能です。

 そのようにご相談を受ければ、ヨシノ自動車一社で解決できる手段をいくつも持っています。その相談に応える、プロフェッショナルなコンサルティングこそがヨシノ自動車の強みなのだと考えています。 そしてその精度を磨き続け、お客様のコストや手間、そして時間といった負担を軽減していくお役にたちたい。

 我々はトラックを作るメーカーではなく、あくまでも使う側に立ったソリューション事業の立場です。今後、仮にトラックが燃料電池車や電気自動車になったとしても、トラックというカテゴリーはなくならないはずです。 社長である私自身の根底には、「この仕事をずっと続けられる仕事にしたい」という想いがあります。やるからには、出来るだけ長く続いていく業界にしていきたい。だからこそ競争するのではなく共に生き、生かされながら皆さまと共走していくヨシノ自動車でありたいと考えています。

代表 中西俊介

代表取締役社長
中西俊介

ロングインタビュー